当社は実行型省エネルギーシステムを企画・開発する『省エネSIer』企業です。

見える化という言葉が市民権を得て、今や企業のみならず一般家庭においても、
省エネルギーに関心を持つ時代となりました。
今までは、国の助成金事業等においても、現状把握=エネルギーの計測=見える化を重視し、その為のシステム導入に助成金が出されましたが、この僅か数年で、
今度は『デマンドコントロール』であったり、『自動制御』に対して助成金が出される様になりました。計測によりエネルギーを可視化して、集計したいグラフを作成したりといった技術は、現状把握をする上で、大切且つ重要な技術である事に違いは無いのですが、それらを使いこなすには、使い手に一定のスキルが要求されてしまい、それがシステムを敷居の高いものにしてしまっています。『システムは人の為に存在する』ならば、見える=ソフトウェアは、人に理解される表現が必要で、制御=ハードウェアは、人の手では出来ない緻密な技術により、目的となるエネルギーマネジメントの根幹を支えるべきものと考えます。当社は、20年以上に渡る省エネルギーシステムの企画・開発・販売・運用経験を自社のノウハウとしております。

ユーザー目線と、技術的な裏付けと、費用対効果と、それらがバランス良く機能するマネジメントシステム、それを既存商品やシステムより判断し、不足があれば企画・開発を行い、お客様が満足できる、省エネの自動制御を行い、検証結果が見える、そんなソリューションを提供致します。







more info →

名前の由来

『システムアートテクニカ株式会社』名前の由来

『システムは人の為に存在する』これが当社が考えるシステムへの重要なコンセプトです。そして、それらは芸術的ともいえる緻密な計算と技術力に裏付けされたものであるはずです。当社の主業務となる『省エネシステム』も同様で、単に目的を達成すれば良いのでなく、関わる人、設備、コスト、それら全てに対して、緻密な計算と技術力に裏付けされつつも、見る者には感動を与えられるシステムでありたい、そんな願いが込められています。


プロダクト
LINK